鎖場を余裕で通過しているMちゃんの画像

両神山レポ/日帰り

3名の山ガールを両神山へご案内してきました!
ガイドさせていただいたのは一般ルートにしてはなかなかハードな八丁トンネル登山口からの八丁峠コース。

怖いっていう声はあまり聞こえてきませんでしたが、楽しんでいただけたようです!

鎖場を余裕で通過しているMちゃんの画像
余裕でピース!

両神山について

両神山山頂標識写真

八丁峠ルート概要

日本百名山に名を連ね、花の百名山としても知られている両神山。

標高:
歩行時間:6時間15分
体力レベル:3/5(日常からの運動および相当な体力が必要)
技術レベル:3/5
危険箇所:鎖場も多く、滑落の可能性がある箇所もあります。一部間違った踏み跡もあるため注意が必要です。
アクセス:マイカーやレンタカーが基本。または西武秩父駅から坂本バス停

ルート案内

両神山へは4つのルートがあります。

  1. 日向大谷口から清滝小屋を経由するコース
  2. 白井差口から白井差新道を通るコース
  3. 八丁峠(上落合橋口、八丁トンネル口)を通るコース
  4. 中双里から白井差峠、梵天尾根を通るコース

Mouuuu.comでのガイドでは八丁峠からのルートをメインでご案内しています。
お客様に合わせて別ルートなどのご案内もさせていただいております。
詳しくはページ下部ご案内をご覧ください。

両神山体験記

Sさんの疲れた顔の写真。
ヘトヘトになってます…

両神山までの歩行時間

登り:4時間15分(八丁トンネル登山口ー両神山)
下り:3時間45分

※休憩含む

鎖場や危険が伴う箇所が多く譲り合いのため待機時間もかなりあります。
コースタイムよりも1、2時間多めにとっています。

両神山で鎖場登りに挑戦する登山者Cさんの写真。

両神山/八丁峠コースの見どころ

両神山山頂まで八丁峠からのアプローチするには多くのトラバース、岩場、鎖場を通ることになります。
八丁峠から西岳までの途中にある行蔵峠にたどり着く頃、視界が広がります。
その時、稜線の起伏と山容の良さに複雑な思いを持つかもしれません。

見えているのになかなか到着しない長い道のりの始まりです。
それでも本コースは稜線歩きを十分に楽しめるコースとなります。

テント泊装備を背負っての本格的なアルプス登山の練習などにも最適です。

Sさんが鎖場登山に挑戦している写真

Mouuuu.comガイド案内

Mouuuu.comでは両神山登山をガイドさせていただいております。
八丁峠から山頂を目指すルートには岩場、鎖場が多数点在しており慣れない登山者を苦しめます。

・岩場歩きを教えて欲しい
・歩くペースがわからない
・鎖場の歩き方を教えて欲しい
・遭難したら怖いので同行して欲しい
などのご要望に合わせてガイドが可能です。

ご参加いただいた方には参加前から道具(登山装備)の質疑応答などにも対応しております。
団体での申し込みの場合は代表者の方に取り纏めをお願いしております。

他にも地図読みや歩行などの講習を取り入れることもできますので、お気軽にご相談ください。

参加人数:4人以上にて実施。
ガイド料金(一人あたり):12,000円〜(参加人数によって変動します。)
集合場所目安:西武秩父駅
登山保険:参加者は登山保険の加入が必須です。

別途、ガイド料金の他にガイドの宿泊費、交通費を参加者様にて按分してご負担いただきますのでご協力のほどお願いいたします。